福島県全域、隣県及び関東周辺にも雨漏り・雨どい修理 屋根修理 屋根工事 施工実績があります。ご相談下さい。

優しい事務員が対応いたします。お気軽にどうぞ。
お問い合わせ

セメント瓦からガルバリウム鋼板に葺き替え

古い建物で耐震性に問題があったため軽い屋根材で葺き替え

震災後建築士さんに大規模半壊と言われていましたが、雨漏りを機にセメント瓦からガルバリウム鋼板(鉄板に亜鉛とアルミのメッキを施したもの)に葺き替えました。
築40年のセメント和瓦は多くの場合雨漏りしています。今の瓦と違い水返しが無いことが原因です。ガルバリウム鋼板は雨音が気になることがあるので、今回は断熱材も兼ねてシージングボードを敷設しました。
雨漏りのひどかったパラペット廻りも、外壁を張り替えて、雨の流れがスムーズになるよう捨て谷(捨て水切り)を広めにとって施工しました。
場所 いわき市平
屋根の形状 切妻2階建て
瓦の年数 約40年
工事内容 セメント瓦をガルバリウム鋼板(Zワイドルーフ、横葺き)に葺き替え
工事面積 約20坪+おまけ
工事日数 5日
費用 ¥1,140,000(仮設足場工事費用など含む総額)
工事のきっかけ 震災で開口部の多い店舗兼住宅が大規模半壊し、軽い屋根材にしようと思っていた。何度か雨漏りしていた。塗装にもお金がかかった。
戻る

セメント瓦からガルバリウム鋼板に葺き替え

古い建物で耐震性に問題があったため軽い屋根材で葺き替え(その2)

部分的に雨漏りをしていたためセメント和瓦の一部をガルバリウム鋼板に葺き替えました。
左の写真の所が雨漏りのひどかったところです。ガルバリウム鋼板は塗装替えのメンテナンスが必要です。
弊社では耐震性に問題がある場合の葺き替えにのみガルバリウム鋼板の屋根材を勧めています。
雨漏りのシミがあります(左)。屋根板が野地板の場合は12mm厚以上の構造用合板を下張りしてから鋼板屋根材を葺きます(右)。
鋼板屋根材を野地板に葺くと大風ではがされる恐れがあります。弊社では数十年後を考えたしっかりとした工事をいたします。
場所 いわき市常磐湯本町
屋根の形状 寄棟2階建て
瓦の年数 約40年
工事内容 セメント瓦をガルバリウム鋼板(Zワイドルーフ、横葺き)に葺き替え
工事面積 約12坪
工事日数 4日(足場工事2日を含む)
費用 ¥620,000(うち仮設足場工事14万円)
工事のきっかけ 何度か雨漏りしていた。建物の耐震性に不安があったため軽い屋根材を検討していた。
戻る

化粧スレート(コロニアル)からガルバリウム鋼板に葺き替え

35年間で3回の屋根塗装。
雨漏りして3回目の塗装の約1年後に再び雨漏り。

ご主人様は化粧スレート(コロニアル)の屋根を長持ちさせようと定期的に塗装をしていました。ところが、化粧スレートはもろいため、屋根に上がることであちこちひび割れてしまい、雨漏りを引き起こしました。
左の写真が雨漏り箇所です。表面のヒビはコーキング(接着剤)でなんとかなりますが、重ね合わせの中までは見えません。今回は断熱材が裏打ちされた横葺きのガルバリウム鋼板(鉄板に亜鉛とアルミのメッキを施したもの)に葺き替えました。
雨樋も破風の高さと同じくらい大きい雨樋を使い交換しました。パナソニック・ファインスケアNF-1型。
弊社では重ね葺き(カバー)工法の場合、構造用合板(12mm厚)を下貼りすることをおすすめします(写真左)。化粧スレート(コロニアル)の下地は雨漏りや結露でブヨブヨになっている場合が多いからです。板金屋根は大風で飛ばされないようにしっかりとした下地にすることが必要です。
場所 いわき市平
屋根の形状 切妻平屋建て
瓦の年数 約35年
工事内容 化粧スレート(コロニアル)にガルバリウム鋼板(ポリスチレンフォーム裏貼り・横葺き板金)
を重ね葺き(カバー工法)
工事面積 35坪+雨樋+足場工事
工事日数 8日
費用 本体工事¥1,260,000(野地補強ない場合は¥1,060,000)、雨樋¥200,000、足場工事¥190,000
工事のきっかけ 屋根塗装で雨漏りも治ると思ったが、一時しのぎだった。35年前の新築の時点で屋根だけはしっかりした材料にしておけば良かった。
戻る

化粧スレート(コロニアル)からガルバリウム鋼板に葺き替え

少し雨漏りがあったが、屋根をはがしてみてびっくり。
こんなに傷んでいたなんて。

化粧スレート(コロニアル)が地震などでひび割れてしまいました。最初は細かいヒビ(ヘアクラック)ですが、凍結などによりひびは日々大きくなってきます。
化粧スレート(コロニアル)と屋根板(野地板)の間は密着しており通気性がありません。少しのひびから入った雨が下地に浸透すると、長時間ジメジメしたままになり、湿気に弱い合板がすぐに腐ってしまいます。
化粧スレート(コロニアル)に入ったヒビ(左)。ここから雨漏りがしずかに始まっています。勾配が少ない屋根でも対応可能な(5/100勾配まで)長尺の縦葺き板金(ガルバリウム鋼板)(右)
場所 いわき市泉町黒須野
屋根の形状 切妻部分2階建て
瓦の年数 約30年
工事内容 化粧スレート(コロニアル)をガルバリウム鋼板(縦葺き)に葺き替え
工事面積 約20坪+大規模下地補修工事
工事日数 5日
費用 ¥790,000(税込み総額)
工事のきっかけ or 工事後の感想 雨漏りがあり、シートで養生して様子を見ていた。屋根が抜けてしまうほど下地が腐っていて驚いた。
戻る

亜鉛めっき鋼板からガルバリウム鋼板に葺き替え

軒先の木材が腐っていて、雨漏りを起こしていると思っていた。
塗装にするか葺き替えるか悩んでいたが、思い切って葺き替えたら素晴らしい仕上がりに。

トタン屋根の劣化はまず表面(特にあだ折りや継ぎ目部分)のサビと、軒先の木材(広小舞、淀)の腐りから始まり、サビが出ると屋根材に穴が開くまではあっという間です。
破風板にクマバチが穴を開けて困っていました。また、雨が常に当たるので一部腐っていました。破風板に屋根材と素材が同じガルバリウム鋼板を巻きました。光沢も有り高級感があります。破風板に鋼板を巻くだけで見栄えが数段上がります。
軒先の木材が腐っています(左)。屋根断熱材(ポリスチレンフォーム)を敷設しています(右)。
トタン屋根はサビが出る前にこまめに(10年以内が目安)塗装すること。2回目、3回目の塗装は10年後も屋根材が持つかどうかを考えて、葺き替えも検討されることをおすすめします。
雪で押されて歪んでしまった雨どいも交換しました。軒どい(雨樋)の吊具はポリカ製の高強度吊具で大雪でも安心です。
場所 いわき市小名浜玉川町
屋根の形状 切妻部分2階建て
屋根材の年数 約35年
工事内容 亜鉛メッキ鋼板をガルバリウム鋼板(縦葺き)に葺き替え
工事面積 約34坪+(破風板板金巻き、軒天一部交換と塗装、屋根全面断熱材敷設、一部屋根塗装工事、雪止め取り付け)
工事日数 10日
費用 ¥1,790,000(税込み総額)
工事のきっかけ or 工事後の感想 軒先の木材と破風板が腐っているのが気になっていた。新築のような屋根によみがえって、もっと早く工事すれば良かった。
戻る

亜鉛めっき鋼板からガルバリウム鋼板に葺き替え

軒先の木材が腐っていて、雨漏りを起こしていると思ったが、なかなか思い切りがつかなかった。

トタン屋根の劣化はまず表面(特にあだ折りや継ぎ目部分)のサビと、軒先の木材(広小舞、淀)の腐りから始まり、サビが出ると屋根材に穴が開くまではあっという間です。
トタン屋根はサビが出る前にこまめに(10年以内が目安)塗装すること。2回目、3回目の塗装は10年後も屋根材が持つかどうかを考えて、葺き替えも検討されることをおすすめします。
軒先の木材が腐っています(写真左)。ガルバリウム鋼板をしっかりと留めるための下地(構造用合板12mm厚)を作ります(写真右)。
場所 いわき市内郷綴町
屋根の形状 切妻部分2階建て
屋根材の年数 約40年
工事内容 亜鉛メッキ鋼板をガルバリウム鋼板(縦葺き)に葺き替え
工事面積 約15坪+おまけ
工事日数 3日
費用 ¥500,000(税込み総額)
工事のきっかけ or 工事後の感想 天井裏にできたシミがずっと気になっていた。年齢的に元気なうちに直してしまいたいと思っていた。屋根を心配しないでいられるのは安心できる。
戻る ページトップ
工事と料金例
  • 葺き替え工事(陶器平板瓦)
  • 葺き替え工事(ガルバリウム鋼板)
  • 
葺き替え工事(陶器和形瓦)
  • 雨樋工事
  • 
工場屋根
  • 
防水工事
  • 太陽光発電
  • 棟瓦修理(耐震棟)
  • 雨漏り修理
  • しっくい修理
  • その他修理
  • 3000円修理
  • 雪止め修理
  • 塀瓦工事
  • 火災保険で屋根修理
  • 陶器瓦の性能
  • 東日本大震災と瓦屋根